水彩画インフォメーションタイトル画像

このサイト内を検索

Since 2002.Feb.19
Powered by KUPUKA

 スポンサーリンク

水彩画インフォメーション

水彩画の入門、基礎、中級者まで。透明水彩の道具、描き方、用紙、飾り方、Q&A、水彩画家が自らご説明。動画説明もあります。



スポンサーリンク



●「油絵の教室は、結構、たくさんあるんです。水彩画の講座、教室はあまりない・・・あっても、油絵の専門の先生が教えてくれるんですが・・ちょっと水彩画のイメージと違うんですよね。」

このような言葉をよく耳にします。
そうです。
実は、

油絵と水彩画は、絵の具の塗り方が、ずいぶん違うんです!

何が違うのかは、このページで講座を進まれるうちに、すぐに分かると思います。

 

●「定年退職後に水彩画を勉強したくなったんです!」

気が付けば、私もサラリーマンの退職の年齢に近くなってきました。
水彩画を始められるには年齢は関係ありません。
水彩画って、手軽に始められます。
私自身、油絵からスタートして、パステル、カラーインク、エアーブラシ、CGなどいろいろなことを学んできました。
今は、水彩画が一番大好きです。
画材も安価だし、匂いませんし、乾くのも早い。
お手軽ですが、深い絵が描けます。


あと、一番水彩画の良いところは、
”日本人に合ってる!”
もともと日本には、書道、水墨画、などの歴史があるからだと思います。
水彩画って、とっても水墨画とか書に近いんです。


 

●「私はまだ学生です。水彩画を勉強したいです!」

実は、水彩画インフォメーションは、年齢的には若い人も、とても多いんです。しかも20歳以下の方。きっと、水彩画の描き方を一から学びたいと思われているんでしょうね。アニメにも水彩画使われています。CGソフトにも水彩系のものもあります。

どんなスタイルにしろ、構図、色彩などの基礎の部分は共通ですから。

私も30歳くらいまでは、いろんな画材を試しました。今でも、CGは好きです。

どんどん挑戦してみて下さい。


スポンサーリンク